思案中

去年の9月の夕方でした。私が外出から家に帰って来ましたら隣の隣、奥さんとは仲の良いお家に梯子が掛けられ若い男の職人さんが屋根の上に登っていました。

私の家は一戸建てで建ててからもう13年以上になります。それで外壁のサイディングの目地に使われているシーリング材がもう劣化していて所々ひび割れているのも気付いていましたので、職人さんと一緒にいた年配の人に
私の家の外壁と屋根の上を見て欲しいと頼みました。

隣の隣の家は築20年を越えているので屋根に
雨漏れの所があり早く手入れした方がいいと
言われたそうで、早速見積もりを出してもらう約束をしたそうでした。

若い職人さんは私の家に梯子を掛けさっさとデジタルカメラとプラボトルに水を入れ上がって行きました。上でカメラを撮っているのが見えてプラボトルの水を屋根の上で流したりしていました。じきに屋根の上から降りて来るとスレート屋根にはカビ、コケ、藻やサビが出ているので早く塗装工事した方がいいですと言いました。

「奥さん、屋根の上の状態を実際に見て欲しいので、このカメラを奥さんの家のテレビに繋いで下さい」と言ったので家の中に案内しました。家の中には夫もいたので一緒に見せてもらいました。

屋根にはミドリミドリした苔が群生していて思ったより酷い状態でした。

家の外壁のシーリングは、割れ雨が酷い降れば、染み込みできそうです。ほっておけば屋根の上の苔は、ますます繁殖します。

それで私の家も見積もりを出しもらいました。

税込価格が150万と聞いたので去年から思案中です。

ネットで外壁塗装の赤本というのが無料請求できるらしいので請求してみようかと思ってます。

Comments are closed.